20170609-192345-027
きょうの中継は今が見頃の紫陽花ですが
ちょっと変わったお花だそうです
京都・東山のお寺にお邪魔しています
澤田さん
20170609-192403-780
京都・東山区
ご覧いただいておりますのは
京都・東山の八坂の塔です
20170609-192430-613
京都の有名な場所ですよね
20170609-192442-557
ただ きょうはですね
八坂の塔から少し西に行った所にあります
20170609-192455-895
実はまだ あまり知られていない
禅寺をご紹介いたします
20170609-192533-689
京都の最古の禅寺と言われる建仁寺の
塔頭寺院として約650年前に
創建されたんですが
20170609-192608-326
「塔頭ですから寺院の中にいっぱい
 お寺さんがあるわけね」
20170609-192736-669
そうですね
その中に小さくいくつかあるんですけども

20170609-192758-476
その一つで明治以降 拝観が出来ずにいて
つい最近 3年前に一般公開が始まった

20170609-192856-828
今 映っておりますこちら
霊源院
20170609-192917-695
ご紹介しましょう
こちらの霊源院で8年前から
ご住職をされている
雲林院宗碩さんです
こちらのお寺 色々な縁があるそうですね
とんちで有名な一休さんが修行されていました
また今川義元が出家したお寺と言われています

由緒がすごくある
20170609-192926-734
今回は特にお庭が珍しいということで
甘茶と言いまして
ヤマアジサイの変種が咲いておりまして
日本広しと言えども
ここだけだと言われております

20170609-215038-968
実際に見ていただきたいと思います
この奥なんですけども
もう閉門されておりますが
特別にご覧いただきましょう

20170609-192926-734
こちらが霊源院のお部屋です
そして奥に見えてまいりますのが
枯山水のお庭なんですね
京都は紫陽花が有名なお寺が
たくさんあるんですが
20170609-215651-027
その中でもその甘茶
これここんなにたくさん咲いているというのが
このお寺
「紫陽花の種類が甘茶ということなんですか」
そうですね
20170609-192932-426
甘茶(ヤマアジサイの変種)
お花自体は小ぶりなんですけども
すごく可憐でかわいらしいんですよ
20170609-192938-601
なぜこちら甘茶というお名前が
付いているんでしょうか?
仏教の教えの中でお釈迦様が生まれた時に
天から龍が甘露の雨ほ降らせたという
話ががございまして
その雨がとても甘みのある雨で
その雨を浴びて咲いたのが
この甘茶と言われております
20170609-192944-758
ヤマアジサイの変種でございます

そういうお話からお寺のお庭に
相応しいということですよね
「紫陽花っていうのは食べたら
 毒があるって言われているんですよ」
一般的には葉っぱに毒があると
言われていますが
甘茶は全く性質が異なっておりまして
葉っぱを煎じて飲むことができるんです

20170609-193002-271
実際に私 いただきたいと思います
20170609-193016-983
にじりから失礼いたします
20170609-193028-096
こちらの四畳半ほどの茶室ですね
20170609-193104-632
茶室 也足軒
20170609-193110-997
こちらの茶室からもご覧ください
この甘茶のお庭がね
ゆっくり見ることができるんです
20170609-193118-131
もうご住職の前に
ご用意いただいておりますが
こちらが甘茶の葉っぱ
20170609-193128-113
私が去年作った物でございます
20170609-193144-191
これを急須の中に入れまして
お湯を入れますと すぐに甘茶になります

20170609-193134-359
こちらはご住職が作られた物ですが
一般にお茶室で出されるものは
一般の物ですので
安心して飲んでいただけます
「失礼だろ それ」
20170609-193157-916
甘茶と味を比べていただくために
まずお抹茶を一服
召し上がっていただきたいと思います
20170609-222355-429
丁度こちらの建仁寺を建てられた和尚様
栄西禅師が日本にお抹茶を伝えた
和尚様でございますので
20170609-193110-997
その抹茶も境内で作られているんですよね
もちろん境内で作ったお抹茶をいただきます
20170609-193231-960
そして私の目の前にもう
用意していただいている
この和菓子も縁があるということですね

そうですね
こちらの霊源院を作られた和尚様が
日本にお饅頭を伝えられた和尚様で

20170609-193253-864
そうなんですよ
お抹茶だけではなくてお饅頭も
縁があるということで

20170609-193319-686
こちら いただきます
20170609-193341-998
ふわっふわです
溶けていきます
20170609-193352-100
おいしい~
20170609-193417-870
ありがとうございます
ご住職が点ててくださったお抹茶です
20170609-193450-502
では いただきます
20170609-223748-100
ほっとしますね
20170609-193508-462
お饅頭をいただいていますから
苦味と言いますか 引き立って
よりおいしく いただけますね
20170609-193513-750
では 甘茶を召し上がっていただきます
甘茶は元々漢方の一種なんですよね
そうです
20170609-193517-621
カロリーもゼロで
肝臓にも良いということで
お薬としても用いられているようなんです
20170609-193524-682
「漢方薬屋さんに行ったら甘茶
 買えるんですか?」

売っております



20170609-193535-905
私 初めていただきます甘茶
20170609-224611-782
すごい 不思議
表現が難しいんですが
お抹茶は苦味を楽しむものだと思うんですが
甘茶は口に入れた瞬間はお茶の香り
飲んだ時に舌の上でブワーっと
甘さが広がっていくんですよ
20170609-193546-862
すごく甘いです
砂糖の数百倍 糖度があると言われています
お砂糖 入っていると思うくらいの甘さです
20170609-193602-096
これをお茶だと思って飲むと
不思議な感覚がしてきますね

20170609-193607-351
こちらの霊源院の甘茶のお庭は
今月の18日まで一般公開しております

20170609-193611-107
このお茶室で お茶をいただきながら
ゆっくりと このお庭を楽しめるということで

20170609-193622-449
是非 お越しください
本当に素敵な時間になります
朝10時~午後4時まですね
是非 いらしてください
以上 土日にGo!でした
20170609-225717-920
霊源院甘茶の庭一般公開 18日(日)まで
拝観料:一般 500円 中高生 300円